2009年06月14日

気管支喘息(ぜんそく)症状「治療体験レポ」:気管支拡張剤で発作を抑えよう

なっちゃんは喘息になって、20年が経過しています。喘息は油断ができません。アレルゲンにさらされると(ハウスダスト)すぐに胸が重くなり、苦しくなります。喘息の症状です。命がかかっていますから、早めに対処、つまり気管支拡張剤用います。

薬を用いるのをためらうな!

いずれにせよ、上記の薬が処方され、気管支喘息の症状がひどくなったときや、発作が起きているときは薬を用いることをためらってはなりません。命にかかわる事態に急に陥ることがあるのが喘息の恐ろしさですから。

気管支喘息(ぜんそく)症状「治療体験レポ」:気管支拡張剤で発作を抑えよう

090418_1113~0001

posted by 亀山ちゃん at 17:24| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。