2009年06月03日

気管支喘息治療体験:ピークフロー(1)何が分かる?

  小児ぜんそくでもよく用いるピークフローとは?

このサイトではこの気管支喘息の症状を知る手掛かりとなるピークフーローメーターの測定値を、台風の最大瞬間風速にたとえている。

分かりやすいですね。

気管支喘息は多くの人の命を毎年奪っているので、普及するといいですね。

ピークフローとは?

台風情報で台風の強さとして、最大瞬間風速とありますね。ある一定の短い期間に、どれくらいの空気の動き(風)があるかを示し、それによって、台風の強さが分かるわけです。

それと同様に、肺から送りだされる、瞬間的な空気の量(リットル/一分)によって、気道が(喘息の)炎症でどれほど狭まっているかが分かるのです。

気管支喘息(ぜんそく)症状「治療体験レポ」:ピークフロー(1)何が分かる?

 

気管支喘息の治療体験

posted by 亀山ちゃん at 15:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。