2008年11月07日

出産の喜びを分かち合おう

やっぱりこれに決めました。


医療の現場は様々な原因で混乱しています。
今後日本の発展を占うのが出産ではないでしょうか?
ところで、font size="2" color="#000000">出産を受け入れる病院の不足は深刻のようですね。



様々な原因が挙げられるようです。

ニュースを読んでいてたら、一つ目にとまりました。

それは、
リスク新生児が増えているとのこと。

それは、様々な原因で
未熟児などや、危険度の高い新生児

が生まれる恐れがあるとのこと。

その対応ができる病院が少ないとのことです。

少し深刻ですね。



病院で働くのは医師より
看護婦が多いですね。

ですから、看護婦の観点からもこの妊婦受け入れ問題を

考えなければなりませんね。



やはりやりがいの多い仕事、
ストレスがあっても喜びが多い、

看護婦の仕事はやはり、出産だそうです。

お母さんは激痛と闘った後で,赤ちゃんの顔を見ると、

すべての苦しみが吹っ飛んでゆくそうです。

同様に、お産を手伝う看護婦も同じような喜びに携わり、

ストレスが激減し、満足度の高い仕事になっているようです。



出産
は人間の営みの中でも数少ない喜びを分かち合う

瞬間です。多くの医療関係者がこのことを念頭において、

この妊婦受け入れ問題の解決に力を入れてもらいたいですね。



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081106-00000009-cbn-soci

http://news.livedoor.com/article/detail/3890134/





【特価本】子育てストレス
【特価本】子育てストレス


 先月に都内で妊婦が8つの救急医療機関に受け入れを断られた後に死亡した問題などを受けて11月5日に開かれた、「周産期医療と救急医療の確保と連携に関する懇談会」(座長=岡井崇・昭和大医学部産婦人科学教室主任教授)。会合では、総合周産期母子医療センターはそもそも母体を助ける体制になっていないことや、地域によって違う周産期医療連携の問題、医師不足など、あらゆる問題が噴出した。過熱報道のあおりを受けて急に開催されたとも取れるこの会合。来月末までに3-4回程度開催して提言をまとめる予定だが、こうした問題にどう収束をつけていくのだろうか。(熊田梨恵)
posted by 亀山ちゃん at 07:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。